02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

花粉症

2015/05/28
歳をとってから、ある日突然になるみたいな事を聞いたことはあったけど、

自分がなるとは思ってもいなく…。

とは言え、両親も甥っ子姪っ子も息子も花粉症なので、当たり前と言えば当たり前だったのかも。


症状は2週間前からの湿疹。

痒いなぁ~と思っていると、小さな湿疹が一つ。気が付くとだんだん広がって大きな湿疹になっている。

こういう症状は、以前にも何度か経験があり、

骨髄移植をしてからは、どんな症状でもまず血液科に連絡。

そのたびに血液検査をしても異常はなし、皮膚科では何か食べて蕁麻疹が出たんだろうと診断されてきた。

今回も問診をしてから恒例の念のための血液検査、そして皮膚科にまわしてもらう。

皮膚科で一か月前のアレルギー検査の診断書を見せ、直ぐに花粉症の診断が出ている事が発覚…。

皮膚科の先生もなんで診断結果の欄に花粉症を書いてないのか不思議だけど、診断工程の欄には書いてるよ。って…。

私、いちいち診断書に全部目を通さないし…。

こんな事なら、さっさと病院に行って薬を処方してもらっておけばよかった。。。

ついつい、ギリギリまで我慢(明日は治っているかもしれないって期待)して、

あんまり長引くとだんだん不安になってから病院に足を運ぶと言う悪い癖…。

半日潰れても、結果が分かるとこうも気分が変わるものかと不思議~。

と、大手を振って花粉症とは喜べないけどね…。


スポンサーサイト
10:22 体調 | コメント(10)

今更…

2014/12/01
数年前から、時々喉がつかえると言うか、すっごく苦しくなることがあり、

全然そんな症状がない時期が続くと思えば、頻繁に続くときもあり…

この夏、胃カメラで検査をしてもらいました。

その結果、アレルギーのせいかもしれないと、秋にはアレルギー検査。

両腕にそれぞれ縦4列(上下5㎜間隔)の検査を2回。

結果を見なくても、私ってアレルギー持ちだったんだと納得せざる得ないぐらいに痒くて反応し過ぎ…。

検査中の用紙をのぞき見したら、アーモンドはダメなのに、クルミはOKだったり、

お米や大豆もダメみたいで、日本食大好き人間の私は目まいしそう。。。

ラッテクスもダメらしく、それから数週間後にゴム手袋をはめて、アレルギーの様子を見る検査も。

食器洗いにゴム手袋をはめると凄く痒くなった時があったけど、検査の時はなんの反応もなしに1時間が経過。


結果、ヒヨコ豆、レンズ豆、お米、メロン、ドライフルーツ類、ラテックスのアレルギーありと診断されました。

ただし、ラテックスのゴム手袋検査には反応なしとも、書き加え。


ドライフルーツ類って、いろんな種類を検査してくれて、ダメなものもあればOKなものもあったのに…。

取りあえず、自分でもアーモンドを食べると調子が良くない事が多いので、これは控えめに、

それ以外は様子を見ながら食べ続けてます。

今のところは、問題なし。

それにしても、今までどうもなかったのに、この歳で食物アレルギーになるなんて…

これで食べれるものが減って、ダイエットになるのかも知れないけれど、

食べたら死ぬくらいにならないと、やめれないんだろうな…。



23:34 体調 | コメント(6)

こんなのは、もう平気…

2014/09/21
昨日、久々に救急病院へ。

たいした事ではなく、ちょっと体全体に痒みと自分の肌色よりは全体に赤っぽくなったので。

まさかとは思うけど、今更またまた移植の後遺症?!

違うだろうなぁ~、でも、痒い~!と、実はその前日から我慢していたので、

重い腰を上げて行ってきました。


で、結局痒み止めだけ処方されて、それでも痒みが止まらなくて酷くなるようだったら又来るようにと言われたのが、救急についてから4時間後…。

待たされるのは覚悟していたので、本を持って行ってたので全然苦にはならなかったけど、

あまりに遅いのと、待合室には殆ど人がいなかったので、受付に問い合わせに行くと、

私の専門医に連絡するのをすっかり忘れていた様子…。

こんな事ではもうイライラさせられません。

慣れちゃった私って、我ながら凄い!




14:04 体調 | コメント(5)

微熱

2012/03/21
ちょっとした愚痴なので、読み流してください。


月曜日からちょっと熱気味です。

先週から娘、息子と鼻風邪をひき、うつすなよぉ~と念願していたんですが…。

中途半端な37度5分前後を行ったり来たり。

発熱は移植の副作用かも知れないので、風邪をひいても風邪薬はNG。

38度を超えると検査をしてそれから処方してくれるんですが、それ以下だと休養のみ。

昨日から、展示会のお手伝いをするお約束をしていたのに肝心な時に役に立たない私です。

水分をしっかり取って、横になってます。

骨髄移植から丸8年、いつから風邪気味だと感じたら風邪薬を飲用できるんだろう。

あ~、早く回復したい!!!(←風邪から)
17:12 体調 | トラックバック(0)

MRIの結果

2012/02/17
自分の病状の記録なので興味がない方はスルーしてください。

闘病記もまだ移植前の状況で放置したままなので、この機会に覚え書きとして書いて行けたらと思っています。



14日の朝、整形外科へMRI(その日の事はこちら)の結果を聞きに。

薬のおかげで膝の痛みもなく、(化学療法を数回したので閉経、軽い更年期障害も経験しているので)年配の方がなる一般的な膝痛だと思い込んでいたんですが、

やっぱり、膝の骨も骨壊死症でした。

薬で痛みが軽減しているという事で、次回は2か月後にレントゲン、様子見だそうです。

最終的には、又、プロテシス(人工骨)…。

足が痛かった時は、こんなに痛いのは骨壊死だろうなと思ったし、こんなに痛いのを我慢するくらいなら早く手術して楽になりたいと思っていたんですが、

薬のお蔭で殆ど痛みを感じない今は、え~!またぁ~?!って、感じです…。

病院では医師の診断を聞きながら、「はぁ、そうですか。やっぱり…」と冷静に理解してたと思うんですが、

次の日の午後から、どうも鬱気味…。

大腿骨の頭の時も最初は右だけで、数か月後に左も同じ症状という事は、膝もそのうち左も悪くなるって事?

って言うか、薬のせいで実はもう左も同じ症状が出ているのに痛みを感じないから気付いてないだけ?!

と、不安は募るばかり。

手術はいつ頃だろう? もう子供達も大きくなっていて、私の入院中は自分たちでちゃんと生活できるかな?!とか、ひょっとして今年?来年? 今回は義父母宅にお願いしないといけないのかな?とか。。。(前回は2度とも私の両親が手伝いに来てくれましたが、もう渡西は無理)

不安になっても仕方がないと思いながらも、イライラ…。

またまた思いっきりワガママかーちゃんになってました。

何にもしたくな~い! あれやって、これやって!と全て人頼み。(って、旦那と子供達にですが)


で、やっと今朝は平常心。

本当にお騒がせな奴です、私。

考えてもなるようにしかならないのに不安になり、そうなると悪い方向にしか思いが行かない。

取りあえず、あまり先のことは考えずに普通の生活を続けようと思います。


19:22 体調 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。