09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

読書三昧

2014/03/30
今日から夏時間。

一時間、損した気分…。



たいした事はしていないのに、あっという間に3月ももう明日で最終日。

いつもの如く、気がつけばもう何日もブログを更新していないし。


とりあえず、結構集中してしまったというのなら読書。

小野不由美の「十二国記」1巻から9巻と「魔性の子」。

新潮文庫 十二国記セット新潮文庫 十二国記セット
(2013/07/01)
小野 不由美

商品詳細を見る


魔性の子 (新潮文庫)魔性の子 (新潮文庫)
(1991/09/30)
小野 不由美

商品詳細を見る


1冊を1日から2日で読み進めてしまうくらいに面白くて、すべてを読み終えてしまって、ちょっと残念。

と、言うよりやっと読書以外の事に目が向けれそうです。
スポンサーサイト
16:14 読書記録 | コメント(0)

9月~12月の読書記録

2010/12/30
自分の為の読書記録です。(訪問して下さった皆さん、スミマセン。)


9月は抗生物質のアレルギー検査の為、4回ほど丸々午前中病院で。

それ以外の科の検診も多く、しっかり読書出来ました。

IMG_2217.jpg
mari36さんから頂いた本

秘密 (文春文庫)」に似たような設定の小説は何冊か読んだけれど、この作家の展開の最後はとってもドラマチックでミステリアスでした。
手紙 (文春文庫)」の登場人物の心情はそれぞれ理解できるとっても現実感のある内容でした。


IMG_2267.jpg
mari36さんから頂いた本

波の塔〈下〉 (文春文庫)」50年前に書かれたものとは思えないです。


10月に読んだのは

IMG_2218.jpg
mari36さんから頂いた本

クライマーズ・ハイ」日航ジャンボ機墜落の事を普段は忘れていましたが、この本を読んで当時の事を鮮明に思い出しました。


11月12月
IMG_2266.jpg
サラマンカ在住のMさんにお借りした本

あしたはうんと遠くへいこう (角川文庫)」「幸福な遊戯 (角川文庫)」「愛がなんだ (角川文庫)」これら全てのストーリーの主人公の恋愛関係には共感するどころか疲れます…。私には理解しがたかったです。


17:00 読書記録

有閑倶楽部

2010/10/05
友人が漫画を貸してくれました。

IMG_1868.jpg
有閑倶楽部 1巻~16巻(13巻無し)

このコミック、私が高校生頃に出会って大ファンに。

社会人になってもこのコミックだけはチェックしてました。

だから、殆どの巻を持っていたんだけど、表紙を見て貰っても分かるようにオカルトシリーズの時もあって…。

私、怖がりです。

はじめて幽霊が出てきたのが3巻。表紙は賑やかでそんなストーリーになるなんて想像もしなかったのに…。

それからは、中身をパラパラとチェックして怖い絵が無いのを確認してから購入。

今回、借りた時に表紙を見て、あ~、16巻までは昔持ってたかなぁと半信半疑。

中身を見るとやっぱり読んだ事がありました。

で、折角なら若い頃は怖くて読めなかった(買わなかった)巻を恐る恐る読み始めてみました。

昔は絵を見ただけで、夜中にトイレに行くのも怖かったのに…。

あれっ?! 案外、平気…。怖くない…。

これって、年の功?! それだけ図太くなってしまったって事?!

ン十年ぶりに有閑倶楽部、満喫しました。

何回読んでもやっぱり面白い!!

すっかり忘れていたコミック。里帰りする度にチェックしていたのに、子供が生まれてからはすっかり忘れてました。

どうやら19巻まで出ていたようで…。

有閑倶楽部 全19巻+虎の巻 (りぼん マスコット コミックス)有閑倶楽部 全19巻+虎の巻 (りぼん マスコット コミックス)
(2003/09/10)
一条 ゆかり

商品詳細を見る


気になる…。


20:47 読書記録 | コメント(12) | トラックバック(0)

8月の読書記録

2010/09/24
スイマセン。全くの個人的な読書記録です。

最近、物忘れがひどく、この間もお借りした本を読み始めて

ん?!読んだ事ある…。

以前にもお借りしていた本でした。

浅倉卓弥「四日間の奇蹟
Foto0049.jpg

せめて、読んだタイトル、作家を思い出せるようにカテゴリにも読書記録を追加しました。
 
(ここにも読書記録が残ってます。)


8月は風邪をひいて外に出れなかったのと、アレルギー検査の為、何度か午前中(AM9:00~PM2:00)病院に缶詰め状態だったので、結構沢山の本を読みました。

石田衣良
Foto0037.jpg
左から「4TEEN (新潮文庫)」(青春してます。4人の友情が良い!)、「エンジェル (集英社文庫)」(幽霊が主人公なのに怖くない。)、「男の涙 女の涙―せつない小説アンソロジー (光文社文庫)」(色んな作家の短編小説。涙にも色んな種類があるんですね)

唯川恵
Foto0038.jpg
左から「恋せども、愛せども (新潮文庫)」(ドラマにもなったんですね。4人の女性が粋!)、「めまい (集英社文庫)」(ちょっと、グロっぽかったです)

村上春樹
Foto0039.jpg
アフターダーク (講談社文庫)」(こちらでも名の知れた村上春樹。興味深々で読んだんですが、私には不思議ワールドでした)

奥田英郎
Foto0041.jpg
空中ブランコ (文春文庫)」(カディスのmariさんに頂いた本です。面白くて漫画を読んでいる感覚でした。)

井上荒野
Foto0042.jpg
しかたのない水 (新潮文庫)」(これもmariさんに頂いた本です。帯の通り、甘くない恋愛小説です)



05:02 読書記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。